こんにちは!

院長の佐久間です。

今日は前回の続きでひざの使い過ぎによっておこるスポーツ障害についてお話したいと思います。

ひざの使いすぎ(オーバーユース)で起こる「スポーツ障害」

スポーツ障害とは、ひざに繰り返し力が加わり続けた結果、オーバーユース(使い過ぎ)が原因で起こるケガ。特定の部位を使いすぎて疲労がたまり、筋肉などに炎症が起きて痛みが発生。このほか、疲労骨折や剥離骨折などもスポーツ障害にあたります。

多く見られる例では、野球のピッチャーが練習や大会で連日投げ込みを続けた結果、ひじや肩に炎症、痛み、靭帯の損傷が発生するもので、「野球肩」「野球ひじ」などと呼ばれます。似たようなものに「テニス肘」「ゴルフ肘」などもあります。

【オーバーユースとは】

日本語で「使いすぎ」という意味。運動を行うと、負荷を受けた体の組織が一度壊れ、それが修復されて新しい細胞組織が作り上げられます。この時に細胞は強く生まれ変わります。しかし体を使いすぎると、組織を壊すスピードが修復するスピードよりも早くなり、それが原因で組織にトラブルが起こります。これがオーバーユースです。

現代ではスポーツにおいても科学的な理論に基づいた練習法が中心となり、十分な休息や体のケア、練習環境の整備、フォームの改善などによってひざの酷使によるケガは昔ほど多くはなくなりましたが、それでもひざを使いすぎることでひざを痛めるケースは度々見られます。

 

スポーツ障害の発生率を高める要素

筋力の低下

ひざの周辺の筋肉に問題があるとひざに影響がでる。例えば「大腿四頭筋」の筋力が弱まるとひざを伸ばした時にひざを支えきれなくなり、不安定になったり衝撃を十分に吸収できなくなる。

また、筋肉疲労は時間が経てば回復するが、筋力が落ちると回復に時間がかかるようになり、ひざへの負担が増してひざの痛みへとつながる。

筋力の低下は、運動不足だけでなく、特定の部位を使いすぎて疲労が続いたりケガをした時にも見られるため注意が必要です。

休息不足、栄養不足

運動によって壊れた細胞が回復するのには時間と安静が必要です。しっかり休みをとらず、疲労が抜けきる前に運動を重ねると、どんどん疲労と負担が蓄積してケガが発生しやすくなります。

また、新しい細胞組織を作り出すためには、その素となる栄養素が必要です。十分な食事をとらなかったり、栄養がかたよっていると、損傷した組織はなかなか回復しません。

ウォーミングアップ不足

ひざを含めた全身のスポーツ障害の大きな要因の一つにウォーミングアップ不足があります。

ウォームアップは軽いランニングやストレッチングなどの体温を高める準備運動。温まって血行の良くなった筋肉はやわらかくほぐれてパフォーマンスをアップさせ、衝撃吸収力も高まります。柔軟体操によって関節の動きもスムーズになります。ウォームアップをしっかり行わないと、筋肉や関節は固くこわばったままで動きも悪く、ひざへの負荷を和らげる効果も低くなり、ケガをする確率は非常に高くなります。

本日はここまでにして次回月曜日に続きを書いていきたいと思います。

あらゆる痛みと膝のことなら、当院にお任せください!!

らいおんハート整骨院

院長 佐久間 洋明