院長の佐久間です。

みなさんこんにちは!

今日は天気も良く湿度もそこそこで非常に過ごしやすいですね。

ただこんな陽気は実はぎっくり腰や寝違えが多くなるので寝起きなどはゆっくり起きるなどして下さいね。

さて、今日はアクシデントなどによる急性の障害についてお話ししたいと思います。

半月板損傷

膝関節でクッションの役割を果たす軟骨組織「半月板」が、大きな負荷がかかることで欠けたり断裂したりするものです。多くは膝が無理に捻られたり伸ばされたときに起こります。

【主な症状】

膝が引っかかったような痛みを感じる

膝の曲げ伸ばしができない(ロッキング状態)

膝に力が入らない

【発症しやすいスポーツ】

野球、サッカー、バレーボール、バスケットボール、テニス、ラグビー、スキー、格闘技など

靭帯損傷

靭帯の一部が傷つき、裂けたり破けてしまう障害です。明らかな損傷が見られない軽度なものが「捻挫」で、重度のものには靭帯が完全に切れてしまう「靭帯断裂」などがあります。

【主な症状】

膝を強く打ったり激しく動かした時に膝に激しい痛みがあった。断裂時は「ゴリッ」「ポキッ」「ブチッ」といった音がすることもあります。

膝のぐらつき・不安定感

歩行時に突然膝がガクンと落ち込む

【発症しやすいスポーツ】

野球、サッカー、バレーボール、バスケットボール、ラグビー、アメリカンフットボール、ハンドボール、スキー、格闘技など

以上3つ紹介しましたが、これらは共通して筋肉が固い状態だと起こることが多いです。理由として筋肉が固い状態だと激しい外力が関節にかかったときに柔軟性がないために耐えられないということが挙げられます。

あらゆる痛みと膝のことなら、当院にお任せください!!

らいおんハート整骨院

院長 佐久間 洋明