こんにちは(^_^)/院長の笠原です。

最近雨の日が続いていますが、皆さんは体調は大丈夫でしょうか?

私は雨の日だからこそ元気に声を出しています。そうすることで体も元気になります!

今日は雨の日に頭痛が起こる原因などを更新していきます!

雨の日に頭痛が起こる方が多くいらっしゃいます。

当院にも頭痛に悩んでいらっしゃる方が多くいます。

なぜ頭痛が起こるのか?それは低気圧のせいです。

気圧が下がっている時はいわゆる高い山にいる状態です。

気圧と自律神経は特に関係があると研究されてきています。

自律神経とは興奮する交感神経とリラックスをする副交感神経にわかれます。

飛行機酔いは高いところを飛んでいるため起こる自律神経失調症です。

自律神経失調症は片頭痛持ちであることが多いようです。

また頭痛には血管が拡張して起こる片頭痛と肩こりや目の疲れで起こる緊張型頭痛、突発的に耐えられない頭の痛みが来る群発頭痛とに分けられます。

一般的には緊張型頭痛の方が8割を占めるといわれています。

緊張型頭痛は肩こりや疲れなどで起こりやすいのでマッサージなど筋肉を緩めることで改善されます。

片頭痛は自律神経のバランスが崩れている状態なので交感神経と副交感神経のバランスを整えることが大事です。

睡眠や食事等で改善されると思います。

これから寒くなってくることで筋肉の緊張が激しくなり、頭痛が起こる頻度多くなってくる可能性があるので

今のうちから対策をしてみてはいかがでしょうか?