ここ数日気持ちのいい天気が続いていますね

こんにちは!スタッフの鈴木です。

今日はテニス肘についてお話をさせていただきます。

テニス肘は外側上顆炎とも呼ばれていて中年以降のテニス愛好家に多いものです。

特にテニスをしているときのバックハンドが肘に負担がかかり、痛めるということが多いです。

症状としては物を持った時や雑巾を絞ったときに痛みが出てきて、安静にしている時は痛みが出てこないというのが特徴です。

もちろん肘に負担がかかっている状態ですが、実は肩や体幹がうまく使えていないと肘に痛みが出やすくなります。

また、テニスをしていないのに病院でテニス肘と診断されたという方もいらっしゃるかと思います。

大体の方はパソコンなどデスクワークや重い荷物を持つことが多いなど、特に手首に負担がかかります。

なので、前腕(肘から手首にかけて)を施術を行うのもいいのですが、意外と二の腕だったり肩周りを行うと押されたときに痛みが出てくるという方もいらっしゃいます。

もし、肘が痛くなったらテニス肘になっているかもしれません。

何かお困りなことがありましたら、お気軽にご相談ください

あらゆる痛みと膝のことなら、当院にお任せください!!

らいおんハート整骨院

鈴木 允