おはようございます。スタッフの鈴木です。

今回は脊柱管狭窄症についてお話しをさせていたきます。

 

 

クリックすると新しいウィンドウで開きます

脊柱管とは背骨に囲まれた管状の空間で神経の通り道とそこを通る神経を守る役割があります。

起こる原因としては脊柱を構成する組織の変形により脊柱管が圧迫されることによって神経や血管を圧迫され症状が出てきます。

もちろん変形の理由としてもスポーツをやっていて背骨がずれたといったものから、靭帯の肥厚によるものと様々あります。

症状としては足のしびれや、冷たく感じたりするなどの知覚異常や足が上がりにくいといったものからしばらく歩いていると足の痛みやしびれ違和感などが出てきて歩けなくなり座って前かがみになり休むと楽になる間欠性跛行が特徴的な症状です。

この症状がでることは様々な原因が考えられますが、1つとしては筋肉が固くなり、脊柱を引っ張ることによって出てくることもあるので、気になる方はお気軽にご相談ください

あらゆる痛みと膝のことなら、当院にお任せください!!

らいおんハート整骨院

鈴木 允