こんにちは。らいおんハート整骨院の小川です☆

気温が上がりじめじめと暑い日が続いていますが、みなさんどうお過ごしですか?(゜-゜)

ジメジメとした天気の日が多くなるこの時期、体がだるくて重いと感じる事はありませんか?
梅雨は空気中の湿度が高いため、普段ならしらずしらずのうちに肌から蒸発している水分が
なかなか体内から出ていってくれません。漢方では「湿邪(しつじゃ)」と呼ばれますが、体
に湿気が溜まると、様々な悪影響が表れます。代表的なのが、「むくみ」です!!

むくみなどの症状は、梅雨のときなどに体調を悪くさせる過剰な湿気です。中医学では「脾」に
影響を及ぼしやすく、気の流れを阻害、胃腸の働きを悪くさせ、老廃物を体に溜め込ませる
など、体調を崩す原因とされています。(食欲不振や消化不良、下痢、胃の重苦しさ、むくみといったものが特徴的な症状)

そういったむくみは鍼でも改善できます。血液や気の流れを正しくし、身体の余分な水分を排出する手助けができます。

ぜひ本格的な梅雨に入る前にしっかりケアをしておきませんか?(*^^)v

あらゆる痛みと膝のことなら、当院にお任せください!!

らいおんハート整骨院  小川