• たけのこ整骨院 ネット予約はこちら
  • わかば整骨院 ネット予約はこちら
  • らいおんハート整骨院ひまわり ネット予約はこちら
  • らいおんハート整骨院小松川 ネット予約はこちら

骨粗鬆症

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 背中が丸くなる
  • 身長が縮む
  • 立ち上がる時に背中が痛む

その症状はもしかすると、骨粗鬆症かもしれません。

骨粗鬆症とは?|江東区のらいおんハート整骨院グループ

骨粗鬆症とは、骨が弱くなり、ちょっとしたことで骨折しやすくなる病気です。

骨粗鬆症は、「骨強度の低下を特徴とし骨折のリスクが増大しやすくなる骨格疾患」と定義されており、日本では約1,280万人が骨粗鬆症に罹患してしいると推定されています。骨折によって骨格が変形すると、円背(猫背)、身長低下など女性が気になる容姿に影響を及ぼすとともに、寝たきりや慢性腰痛の原因にもなります。

女性がかかりやすい病気ですが、男女とも骨の健康を保つ必要性は同様であり、すべての年齢を通じて骨粗鬆症を予防することが必要であるとされています。

50歳以上の女性の4人に1人が骨粗鬆症になっています。

骨粗鬆症はカルシウム不足により骨がスカスカになり骨折しやすくなる全身性の病気で、年をとると大腿骨、橈骨、脊柱(腰椎)を骨折し、それが寝たきりになったりと、極めて深刻な問題を引き起こします。だからこそ、早い時期から骨粗鬆症に対する予防が重要となります。

骨は一生不変のように思っている人もいるようですが、実は他の組織と同じように新陳代謝(リモデリング)、形成と吸収を繰り返しています。血液中のカルシウム濃度を一定に保つために、濃度が低くなると骨からカルシウムが放出されます。これが骨吸収です。それが一段落すると、破壊された骨にカルシウムを蓄えます。これがリモデリンクです。

この骨吸収と骨形成のバランスが崩れ、骨吸収が多くなってしまうと骨粗鬆症へと進み、日本骨代謝学会では、骨量が成人値(20~44歳)の平均値に対して70%未満になると、骨粗鬆症と判断しています。

特に問題となるのが閉経後の女性。女性ホルモンのエストロゲンが大量に分泌されている間は骨から必要以上にカルシウムが溶け出さないように働きますが、閉経後はエストロゲンが不足するため、骨量の急激な減少がみられます。

(エストロゲンとは?)

エストロゲン

  • ・子宮内膜を厚くして、妊娠に備えます。

  • ・女性らしいカラダ(乳房の発育や、丸みのあるカラダ)をつくります。

  • ・自律神経の働きを安定させます。

  • ・コラーゲン産生をうながし、美肌をつくります。

  • ・血管、骨、関節、脳などを健康に保ちます。

骨粗鬆症の症状は?|江東区のらいおんハート整骨院グループ

骨量が減っただけでは特に症状はありませんが、骨折や骨が変形することではじめて様々な症状が現れます。

特に怖いのが何かの衝撃により(転倒や日常生活での簡単な衝撃など簡単に骨折してしまうことです。骨折しやすい場所としては背骨(圧迫骨折)が最も多く、次いで手首や股関節(大腿骨頸部骨折)も頻発しやすいです。良く加齢と共に背が縮むと聞きますが、骨量が減り背骨が痛みを伴わずにゆっくりと潰れるように変形していくことで、身長が縮むのもこれが要因の一つであります。あとは椎間板が狭くなることも要因の一つです。

【骨粗鬆症の治療とは?江東区のらいおんハート整骨院グループ】

骨粗鬆症を予防するには適度な運動や日光浴、カルシウムを多く含む食事の摂取が大切です。しかし健康な人でも骨量は年々減少するものですから、年齢に合った骨量を維持すべきでしょう。薬物による骨折の予防法は、現在エストロゲン製剤以外はいまだ期待できません。

数多くの研究報告によって、どの年齢でも運動で骨量がアップすることが分かっています。運動で骨に刺激が加わると新しい骨を作る骨芽細胞が活性化し、その一方で、カルシウムを骨から放出する破骨細胞の働きが抑えられるからです。基本的にはウォーキングを毎日30分間ほど行うのがよいでしょう。また、ウォーキングのほかに、骨を支える筋肉の強化も大事です。運動により体の筋肉を鍛えることで転びにくくなり、骨折の防止にもつながります。

骨に良い運動とは?|江東区のらいおんハート整骨院グループ

骨を丈夫にするためには、適度な運動も重要です。

スクワット

足腰の筋カを高めます。呼吸をしながら、ゆっくりとしたペースで「 5 ~ 6回」繰り返すのを1セットとして、1日3セット行います。

※スクワットができないときは、椅子に腰かけ、机に手をついて、立ち座りの動作を繰り返してもかまいません。

腹筋運動

「 5 ~ 15回」を1セッ卜として、1日 1~3セット行います。

当院の治療方針|江東区のらいおんハート整骨院グループ

1.問診・視診

まずは患者様のお悩みについて、問診で詳しくお聞かせください。

さらに、来院時や院内誘導時に患者様の動きやお身体の使い方などもよく拝見して、治療に役立てております。

2.的確な運動検査、触診

問診と視診をもとに的確な徒手検査や一ミリ単位の細部までこだわる触診を行い、お悩みの原因を細かく探ってまいります。

3.説明と提案

まず、問診、視診、運動検査、姿勢分析、触診から得た患者様のお身体の状態を総合的に判断し、現在の状態をご説明いたします。

お身体の状態に合わせた最善な治療法をあわせてご提案いたします。

納得いただけるまで丁寧にご説明し、患者様ご自身がよくご理解・ご納得の上で施術に入っていただくことを心がけております。

4.治療

触るレントゲンと呼ばれるMPF療法の特性を最大限に生かし、患者様の症状に合わせて施術を行います。

筋肉にできた傷口に直接的に刺激を加えることによって、痛みの軽減、血のめぐりや組織修復を促し、早期改善を図ります。

さらに、姿勢改善に役立つ筋肉の柔軟性を高めるストレッチや筋肉トレーニングもあわせて取り入れ、根本的な原因の改善を目指します。

5.通院後のフォロー、治療計画

改善に向けて患者様が治療をきちんと続けていけるように、患者様一人ひとりに合わせたオンリーワンな通院計画を一緒に立てさせていただきます。

江東区のらいおんハート整骨院グループへのお問い合わせ

たけのこ整骨院

  • 03-5628-1616

住所
〒136-0072
東京都江東区大島1丁目39-14 シンコービル1F
診療時間
[平日]
午前 9:00~12:00/午後15:00~20:00
[日曜・祝日]
9:00~17:00(昼休みなし)

受付時間

わかば整骨院

  • 03-5633-7377

住所
〒136-0074
東京都江東区東砂4丁目23-4 第二菅原ビル1階
診療時間
[平日]
午前 9:00~12:00/午後15:00~20:00
[祝日]
9:00~17:00(昼休みなし)[休診日] 日曜日のみ

受付時間

らいおんハート整骨院ひまわり

  • 03-3640-0122

住所
〒136-0076
東京都江東区北砂4丁目18-11
診療時間
[平日]
午前 9:00~12:30/午後15:00~19:30
[祝日]
9:00~17:00(昼休みなし)[休診日] 日曜日のみ

受付時間

らいおんハート整骨院小松川

  • 090-9968-1942

住所
〒132-0034
東京都江戸川区小松川24-3-105パルプラザ内
診療時間
[平日]
午後16:00~20:00
[祝日][休診日] 日曜・祝日

受付時間

  • 交通事故治療

HOME

料金表

患者様の声

よくある質問

  • スタッフブログ