皆さんこんにちは。

院長の佐久間です。

今日はうちのスタッフの鈴木君が高校の時に実際にあった事故のお話を載せたいと思います。

高校生の時に学校へバスで通学していた時の話です

その時は朝早めの時間で7時20分くらいだったと思います。

バスの中で、うとうとしていた時にいきなり「ドーン」という音と共にバスが揺れました。

場所は山の中の下り坂で、S字のカーブになっていてそのカーブから数メートル先の停留所に停まっている時に車が突っ込んできたようです。

いきなりのことで、びっくりしました。

もちろん周りの家の方も大きな音にびっくりし、様子を見に出て来たようでした。

あとあと話を聞いたところによると、突っ込んできた車の人はCDをかけようとして前をあまり見ていなかったことによって事故にになったようでした。

その時にいた乗客の方は見たところは外傷はなかったようでしたが、ムチウチなどの後遺症が出てきていないか心配ですね

自分は幸いにも見た限り外傷はなかったですし、そのあとに何か違和感が出てきたといったものはありませんでした。

このときに事故にあったときの不安はありますもちろん事故を起こさないのが一番いいのですが、いつどのように事故が起こるのかも分かりませんので、みなさん、十分に気を付けてください

自分は公共の乗り物で事故にあったことはありませんが、なんとも怖い話ですね・・・

あらゆる痛みと膝のことなら、当院にお任せください!!

らいおんハート整骨院

院長 佐久間 洋明