今日の朝の雷はすごかったですね!

院長の佐久間です。

今日は交通事故についてお話をさせていただきたいと思います。

交通事故に遭うことはなかなかないとは思いますが、もし事故にあったときはどのように対処をしたらよいのでしょうか?

今回は事故が起こってからの手続きについてお話をさせていただきたいと思います。

まず、事故に遭われたときはまず警察へ連絡をしましょう。

その後保険会社に加入しているのであればそちらにも連絡をしましょう。

連絡する内容としては

①事故が起こった時間・場所・状況

②起こった時の状況

③被害にあわれた方の名前、住所

④目撃者の方がいられたら、その方の名前と住所

⑤損害賠償の請求を受けた場合、その内容

上記の通知がないと保険は支払われないことがありますので、ご注意下さい

特に対人の場合は事故発生の翌日から起算して60日以内に通知をしてください。

また、保険会社さんとのやり取りの中で、こちらのことも相談すると保険に関してスムーズに支払いが出来るので相談するといいかもしれません。

①事故にあった車の修理

②被害者の方と示談をする場合

③損害賠償責任に関して提訴する、またはされた場合

自動車事故による保険金の請求にあたっては、原則として自動車安全運転センターの発行する交通事故証明書(人身事故の場合は必ず人身事故扱いの交通事故証明書)が必要になります。
この交通事故証明書は事故発生時に警察への届け出がないと発行されませんので、事故が起こった場合には、まず事故届けをすることが大切です。

交通事故は起きないことが一番いいと思いますが、起きたときのことも考えてどのようにしていけばいいのかも知っておくといいかもしれません。

あらゆる痛みと膝のことなら、当院にお任せください!!

らいおんハート整骨院

院長 佐久間 洋明