らいおんハート整骨院ひまわりの笠原です

本日は交通事故にあってしまったらどうするかについてお話します

まさか自分が事故に会うとは思っていないものですよね

でも実際にあってしまってとても慌ててしまい

過った対応をしてしまうと

その後の治療や示談に影響することも少なくありません

 

あってしまったらどうするかを知り対応することが

ご自身だけでなく事故を起こしてしまった双方に

その後の嫌な思いをしてほしくないので少しづつお話していければと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

第1回目として今日は救護義務です

救護義務には大きく分けて救護義務と報告義務があります

 

もし交通事故にあって(起こして)しまったら

慌てず車両等の運転者や乗務員は直ちに車両等の運転を停止し

①まずは負傷者の救護を最優先にしなければなりません

②そして道路における二次災害を防ぐために

必要な措置(路肩など安全な場所に車両を移動する、非常点滅灯の設置など)を講じなければなりません

事故直後からこういった救護義務が発生するのです

 

ですが実際交通事故にあった直後は

パニックになりどうしていいか分からなくなってしまうものです

特に初めてであればほんと怖くてしょうがないものです

でも起こしてしまったことより

その後どうするかの方が大切ですよね

 

 

 

 

 

 

俺は大丈夫なんて思わず

日頃からもし事故にあったら、事故を起こしてしまったら

慌てずに済むよう対策をしておきましょう

 

院長 笠原尭典