院長の佐久間です。

今日は当院が得意としている変形性関節症のことについてお伝えしたいと思います。

変形性膝関節症(OA)とは

変形性膝関節症は、筋力低下、加齢、肥満などのきっかけによりの機能が低下して、膝軟骨や半月板のかみ合わせが緩んだり変形や断裂を起こし、多くが炎症による関節液の過剰滞留があり、痛みを伴う病気です。

膝関節のクッションの役目を果たす膝軟骨や半月板が長期間に少しずつすり減り変形することで起こるもの(一次性)と、関節リウマチや膝のケガなどの他の原因によって引き起こされるもの(二次性)の2種類があります。

日本国内に限っても患者数は約700万人というありふれた疾患であり、年だからとあきらめたり、我慢しているケースが多いのもこの病気の特徴で、行動が制限されがちになるため、適切なケアが望まれます。

通常、膝関節の表面は軟骨で覆われており、この軟骨と膝関節間隙を囲うように存在する半月板とが外的衝撃を和らげ、関節の動きを滑らかにする働きをしています。 また、ヒアルロン酸を含み関節間を満たした関節液が潤滑と栄養補給の役割を果たしています。靱帯は関節の骨と骨をつないで安定化させています。初期には関節軟骨のみが障害を受ける場合が多く、やがて障害範囲が関節軟骨の磨耗、半月板の断裂、靱帯の障害などを含んだものへと進行することによって、関節炎が起こり、過剰な関節液が溜まる「膝関節水症」を引き起こします。 症状は人によって差異が見られますが、一般的には初期段階で、階段の昇降時や歩き始めに痛んだり、正座やしゃがむ姿勢がつらくなる。病気の進行とともに、起床時の膝のこわばりや、関節が炎症を起こし、「水がたまる」と表現される膝関節液の過剰滞留などの症状が出やすくなります。さらに進行すると、大腿骨と脛骨が直接こすれることで激しい痛みが生じ、やがて歩行困難となります。

40歳以上の男女の6割が罹患しているというデータもあります。また、どの年代でも女性が男性に比べて1.5-2倍多く、高齢者では男性の4倍といわれています。O脚の関連も指摘されていて加齢とともに発症しやすく、中高年の女性に多くみられます。

変形性関節症はよくあるものですが、どんなものなのか知らない方も非常に多いと思います。次回も詳しくお知らせしたいと思います。

あらゆる痛みと膝のことなら、当院にお任せください!!

らいおんハート整骨院

院長 佐久間 洋明