• たけのこ整骨院 ネット予約はこちら
  • わかば整骨院 ネット予約はこちら
  • らいおんハート整骨院ひまわり ネット予約はこちら
  • らいおんハート整骨院小松川 ネット予約はこちら

前十字靱帯損傷

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 膝に痛みが出たり、うまく動かせない
  • 膝に腫れがある(関節内血腫)
  • 膝の関節に不安感や歩行障害がある
  • 過去に「ブチッ」といった音をしたことがある
  • 膝に水(関節液)がたまる

などお困りの症状はありませんか?

前十字靱帯損傷とは?|江東区のらいおんハート整骨院グループ

前十字靱帯損傷とは、特に激しいスポーツや交通事故によって大きな力が加わり膝の靱帯に損傷が生じることをいいます。

前十字靱帯は特に前後方向の動きに連動していて、そこに無理な外力が加わると前十字靱帯損傷をしてしまいます。

膝の靱帯は大きく分けて4つあり、前十字靱帯、後十字靱帯、内側側副靱帯、外側側副靱帯があります。

特に前十字靱帯、内側側副靱帯が損傷を受けやすい部位であります。

また前十字靱帯単独損傷よりも、複数の靱帯が損傷するケースが多々あります。

【前十字靱帯損傷の原因とは?江東区のらいおんハート整骨院グループ】

靱帯によって、原因となる力はそれぞれ異なります。

前十字靱帯は膝下が前方や内側に向かう力が原因になりやすいと考えられています。

スポーツが原因になることが多く、膝外傷の中でも頻度が高く、例えばバスケットボールやサッカー、スキーなどでのジャンプの着地や急な方向転換、急停止時に発生することが多いと言われています。(非接触損傷)タックルを受けるなど相手との接触によって起こる接触損傷や交通事故でも起こります。

そして性差としてバレーやバスケットをしている女性の発生が多いとされています。

前十字靱帯損傷になるとどんな症状があるの?|江東区のらいおんハート整骨院グループ

受傷時は激しい痛みやプチッという断裂音(ポップ音)を感じることがあります。

また、靱帯からの出血によって関節内に血液が溜まり関節の腫れを伴って膝の曲げ伸ばしが不可能となります。

受傷時は徐々に症状が改善し数週間で歩けるようになりますが、膝の不安感や、膝が抜けるような感じ(膝くずれ)が生じることもあります。

半月板損傷などの合併症がない場合は、急性期を過ぎると痛みは軽くなりますが、程度は異なりますが、不安定性が残ります。

自覚症状が残らない場合もありますが、ひどい場合は日常生活動作でも膝くずれなどの「膝がずれる感じ」や痛みが残ります。

半月板損傷を合併すると「嵌頓症状」という膝の曲げ伸ばしかできなくなるリスクも考えられます。

安静にしていると痛みや腫れは引いて日常生活に支障はなくなりますが、靱帯は自然治癒はされず切れたままです。

適切な治療を受けずに放置すると半月板損傷や軟骨損傷を引き起こし、慢性的な痛みや腫れが出現する可能性があります。

前十字靱帯損傷の治療法とは?|江東区のらいおんハート整骨院グループ

前十字靱帯は関節内にある靱帯のため血流が乏しく、一度切れてしまうと自然治癒の可能性はほぼありません。

中高年には保存療的な治療が選択されることもありますが、保存的な治療では前十字靱帯の機能回復は期待できないため、特に競技スポーツに復帰したい方には手術が勧められます。

前十字靱帯損傷の治療法は大きく分けて2つあります。

・保存療法

膝動揺性抑制装具(サポーター)を装着して痛みのない範囲で関節の動きを改善する可動域訓練を行います。

筋力低下を最小限にしていきます。

・手術療法

損傷した靱帯の代わりに、患者さん自身の腱(自家腱)を移植する「前十字靱帯再建術」が一般的です。

手術は関節鏡を用いて全身麻酔で行います。

ここで当院の治療法をお話します。

当院の治療法とは?|江東区のらいおんハート整骨院グループ

①問診

お体の状態を詳しくお聞きします。痛み、辛さ、気になり始めたきっかけをいつから、どこでどのようにして始まったのか。

生活背景、既往歴、現病歴など最終的にどこまで改善したいかなどのすり合わせを行います。

②視診

他覚的に姿勢、肩の高さ、骨盤の高さ開き具合、足の長さ、重心の乗り方などを確認し専門家視点の評価を行っていきます。

前十字靱帯損傷では、特に膝の開き具合や歩き方などを中心に評価を行います。

③運動検査

患部、患部周辺の関節の可動域を自動・他動運動で確認し、制限のかかっている動作。痛みを誘発する(運動時痛)動きを確認し、痛みや諸症状の元となる原因の筋硬結またはそのほかの軟部組織を鑑別していきます。また骨盤周りの筋肉が実際に使えているのか、腰、股関節、連動している脊椎の関節など細かくその動きを確認していきます。

④治療

以上のことを踏まえて一人一人のお体の状態にあった治療法をご提案させていただきます。

治療内容の説明、好転反応、治療効果についての確認。

通院ペースの擦り合わせを行います。

前十字靱帯損傷では患者様のゴールに合わせてどのくらいの通院ペースで治療をしていくかなどを現状を説明していきます。

⑤生活指導

普段の姿勢、歩き方、運動の仕方など身体の負担にならないよう出来る限りのアドバイスをさせていただきます。(患部を温める、日常で気を付けることなど)

また、家でも簡単にできるトレーニングをご紹介させていただき一日でも早く患者様のお身体の改善をしていきます。

そして当院で最も早い治療法として「根本改善プログラム」があります。

・根本改善プログラム(骨盤矯正、筋膜リリース+MPF)

当院では骨盤矯正をするにあたり、身体の状態歪みのあるところを確認し骨盤の形、左右のバランス、前後径、傾き、開閉しているかなどからどこにストレスがかかっているのか、負担の集中しているところを専門家の視点で評価していきます。筋膜リリース腰周囲の背中、臀部、大腿部など筋肉の表面を覆っている筋膜という組織にストレッチをかけ腰周りの可動域を改善していき、緊張を緩めより深部の筋肉へのアプローチを可能にします。

MPFと組み合わせることで痛みを繰り返すということが減ってきます。歪みが改善し繰り返し痛める事のない身体になることで膝にかかる負荷を最小限にしたり、身体のバランスを整えていくことでより一層スポーツのパフォーマンスを向上させ前十字靱帯を損傷をする前のお身体を目指して一人一人に合った専門的な治療を行っていきます。

江東区のらいおんハート整骨院グループへのお問い合わせ

たけのこ整骨院

  • 03-5628-1616

住所
〒136-0072
東京都江東区大島1丁目39-14 シンコービル1F
診療時間
[平日]
午前 9:00~12:00/午後15:00~20:00
[日曜・祝日]
9:00~17:00(昼休みなし)

受付時間

わかば整骨院

  • 03-5633-7377

住所
〒136-0074
東京都江東区東砂4丁目23-4 第二菅原ビル1階
診療時間
[平日]
午前 9:00~12:00/午後15:00~20:00
[祝日]
9:00~17:00(昼休みなし)[休診日] 日曜日のみ

受付時間

らいおんハート整骨院ひまわり

  • 03-3640-0122

住所
〒136-0076
東京都江東区北砂4丁目18-11
診療時間
[平日]
午前 9:00~12:30/午後15:00~19:30
[祝日]
9:00~17:00(昼休みなし)[休診日] 日曜日のみ

受付時間

らいおんハート整骨院小松川

  • 090-9968-1942

住所
〒132-0034
東京都江戸川区小松川24-3-105パルプラザ内
診療時間
[平日]
午後16:00~20:00
[祝日][休診日] 日曜・祝日

受付時間

  • 交通事故治療

HOME

料金表

患者様の声

よくある質問

  • スタッフブログ