• たけのこ整骨院 ネット予約はこちら
  • わかば整骨院 ネット予約はこちら
  • らいおんハート整骨院ひまわり ネット予約はこちら
  • らいおんハート整骨院小松川 ネット予約はこちら

股関節痛

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 歩くときに股関節が痛む
  • 寝ているときに股関節が痛くて起きる
  • 朝、起きるときに股関節に痛みが出る
  • 股関節の痛みでスポーツが出来ない
  • 股関節に力が入りづらい
  • 正座が出来ない、
  • 靴下が履けない、足の爪が切りづらくなった

股関節の仕組み|江東区のらいおんハート整骨院グループ

股関節とは、両脚のつけ根にあり、骨盤と大腿骨を連結している関節です。お椀の形をした寛骨臼と球体の形をした骨頭からなり、連結している部分が球体(球関節)のようになっているため、前後・左右さまざまな方向に動かすことができる自由度の高い関節です。また、動きを保ちながら体重を支えている関節として日本人の生活動作に多い「正座」や「しゃがむ姿勢」など複雑な動きが行えます。

股関節は、骨頭と寛骨臼の表面は軟骨と呼ばれる弾力のある組織で覆われており、衝撃を吸収したり、関節が動く時の摩擦を減らしたりすることで滑らかな動きが出来るようになります。
この軟骨が何らかの障害によってすり減ってくると、骨盤と大腿骨の距離が近くなり周りの筋肉などがアンバランスになってしまい痛みを感じるようになり、関節を動かす範囲が徐々に狭くなって日常生活動作に制限が出るようになります。

股関節の痛みの原因|江東区のらいおんハート整骨院グループ

足の付け根にある股関節に痛みを起こす病気を持つ人は全国で400?500万人いると言われています。
股関節は他の関節と違い、深い所にあることや筋肉や靭帯に囲まれています。そのため、そもそも症状を自覚しにくく、進行してから気づくことも少なくありません。
症状として最も多いのは、足の付け根の痛みや違和感です。その他に、臀部や太もも、膝の痛みとして出てくることもあり、そのため股関節の病気だと気づかない人が多くいます。

〇変形性股関節症

・大腿骨と臼蓋の軟骨がすり減って、炎症を起こしたり骨が変形したりすることで引き起こされます。
軟骨がすり減る原因として、最も多いのが、骨の形に異常がある場合です。

日本人に多い骨の形の異常に「臼蓋形成不全」という病気があります。普通は骨盤の骨が大腿骨の頭を3分の2以上覆っています。しかし、臼蓋が十分に発育しない臼蓋形成不全は大腿骨を覆っている部分が小さいため、通常より少ない軟骨の範囲で体重を支えることになります。負荷が狭い範囲に集中し、軟骨の負担が大きくなり、すり減ってしまうのです。

〇大腿骨頭壊死症

・大腿骨の骨頭部分の血流が悪くなり、骨の細胞が死んでしまう(壊死)病気です。

他の病気の治療で、ステロイドを大量に服用されている方やアルコールの飲酒量が多い方の発生率が高くなりますが、発症の原因が不明なこともあります。壊死が進行すると、大腿骨の骨頭や股関節が変形し、痛みも強くなります。
症状としては、変形性股関節症の方と同様ですが、痛みが強い場合は、人工股関節置換術を行うことがあります。

〇大腿骨頸部骨折

股関節の大腿骨側の大腿骨頚部の骨折です。骨粗鬆症などで骨がもろくなった状態で転倒した際などに起こりやすく、高齢者、特に女性に多くみられます。
骨折のため、痛みと腫れを伴い、歩行が困難になります。骨折の状態や位置により、治療方法は異なりますが、多くの場合は骨接合術や人工骨頭置換術(人工股関節置換術)などの手術を行います。

こういった股関節の痛みや症状が出るものもありますが一概に痛みがあるからといって骨の異常とは限りません。では、他の原因とは何なのでしょうか?それは筋肉が原因の可能性が高いです。骨の異常があったとしても筋肉を鍛えられればそこでカバーは出来ますし筋肉が原因で痛みが出ているのであればそこをしっかり治療すれば改善されていきます。

股関節に効果的なストレッチ|江東区のらいおんハート整骨院グループ

股関節は周辺の筋肉と連携して、立つ、座る、歩くなどの動作を起こしたり、上半身を支えたりしています。「股関節が硬い」とは、骨盤周辺の筋肉が硬くなって股関節の可動域が狭くなっていて上手く機能していない状態のことで、股関節自体が硬くなっているわけではないです。
しっかり股関節周りの筋肉をストレッチで柔軟にすることで可動域が広がり上手く筋肉の動きも出てくるので痛みなども改善されやすいですし骨などに異常がある方にも柔軟な筋肉があればカバー出来るのでおススメです。

[股関節の可動域が狭くなることで起こりうるデメリット]

・身体の不調(冷え性、浮腫み、肩凝り、腰痛、膝痛、生理不順など)
・運動機能の低下(怪我をしやすい、痛みが出やすい、行動の制限など)

・ボディラインの乱れ(猫背、O脚、X脚、歪み、痩せづらいなど)

股関節のストレッチ

〇座って出来るストレッチ

1、両足の裏を合わせてあぐらのような姿勢になり、踵を身体に引き寄せる。

2、骨盤を立てて30秒間ゆっくりと呼吸する。

3、背中を丸めないように気をつけながら、手を床につけてゆっくりと上体を前に倒していき、イタ気持ちいいくらいのところで止める。そのまま60秒間ゆっくりと呼吸する。

※股関節をゆっくり柔らかくするイメージで行ってください。足裏を合わせられない人、脚が浮いてしまう人は通常のあぐらでもいいです。

〇仰向けで出来るストレッチ

1、仰向けになった状態で片膝を約90度まで曲げて反対の足首を曲げた側の膝に乗せます。

2、そのまま曲げた側の足を少しずつ曲げていき乗せている足首側の股関節、臀部周りが伸びているかを確認し30秒間ゆっくり呼吸しながら行います。

※物足りない方や伸びているのが分かりづらい方はそのまま腕を使って上体を起こすとよりストレッチ作用が働くので無理のない範囲で調節してください。

当院の治療法|江東区のらいおんハート整骨院グループ

股関節痛の原因などはご理解頂けたかと思います。

当院では視診・問診・運動検査・触診を行いその方の状態を把握し原因を根本的に治療していきます!

視診・・・当院ではまず視診をとても大切にしています。どのタイミングから診るかというと玄関を入ってくるところからです。そこから当院は徹底してやっており患者様の歩く姿、肩の高さ、骨盤の高さ開き具合、重心の乗り方などを細かく診ています。

問診・・・患者様の痛みを始めとするあらゆる症状やニードの把握を聞いて今のお身体の状態をしっかり把握します。生活背景、既往歴、現病歴。最終的にどこまで改善したいかなどのすり合わせも行っていきます。

運動検査・・・患者様が痛みを訴えている動作などでの可動域のチェック、身体の状態を更に把握するためにやっています。患部、患部周辺の関節の可動域を自動・他動運動で確認し、制限のかかっている動作や原因を特定していきます。

触診・・・痛みや症状が出るポイントや原因となっている筋肉を確認し、患者様のお身体がどういう状態になっているのかを指や肘などを使って確認し、施術をさせて頂いております。

当院独自のミリ単位まで触り分ける筋肉に対してのMPF療法と骨格から改善していき効果が分かりやすく実感できる筋膜リリース骨盤矯正を用いてその方のお身体を根本的に改善する治療法を行っています。身体の状態で歪みのあるところを確認し骨盤の形、左右のバランス、前後径、傾き、開閉しているかなどからどこにストレスがかかっているのか、負担の集中しているところを専門家の視点で評価していきます。

更に独自のMPF療法という手技を併用することでより身体の改善がみられやすいです。そして患者様のニードや情報を元に一人一人に合ったベストな治療法や通院ペースをご提案させて頂いております。
今回のような股関節痛も当院の治療法は合っていると思います。

骨盤の歪みがある方には骨盤矯正と背骨なども矯正する猫背矯正といった治療法も組み合わせることでより姿勢なども良くなり身体のバランスもとれ、中枢神経の通りも良くなり筋肉の負担なども少なくなるので股関節痛も改善してきやすいと思います。

最近導入されたインソールという靴の中敷きの役割を果たす物もあります。

使ったことがある方、ない方もいるかと思いますが当院で販売しているインソールは他のインソールと比べて一味違います。なにが違うかというと一般的なインソールは足の内側だけにふくらみがあり内側の足のアーチをサポートしてくれる物になっています。しかし当院で扱っているインソールは内側の他にも合計3箇所のふくらみがあります。足の裏には元々3つのアーチといわれる人間の足だけにあるお椀を伏せたような独特の土踏まずの構造があります。そこを当院で扱っているインソールは3箇所のふくらみで3つのアーチをしっかり作用させ快適な歩行を手助けする物になっています。

実際、そのインソールを履くと重心の位置が変わるので骨盤や筋肉に対しての負担が少なくなります。しかも当院で行っている根本治療は骨盤から筋肉までを治療し変化させていく治療法なのでよりインソールがあればその状態を持続出来て良い状態で日常生活などが送れるのです。

こういった物も使って治療していくことでその人の身体を根本的に治していくのです。

さらに当院ではご自宅に帰った後のストレッチや身体のケア、適切な運動などもアドバイスさせて頂いております。
今回のような症状に対しても当院の治療はとても特化しており根本治療で骨盤の歪みを整え筋肉に対してのアプローチをすることで改善されている患者様も多くいらっしゃいます。

その場の症状だけでなくその人が今後そういった症状にならないよう予防治療も行っております。

このような症状でお困りの方、早く良くしたい方は一度当院にご相談ください。

江東区のらいおんハート整骨院グループへのお問い合わせ

たけのこ整骨院

  • 03-5628-1616

住所
〒136-0072
東京都江東区大島1丁目39-14 シンコービル1F
診療時間
[平日]
午前 9:00~12:00/午後15:00~20:00
[日曜・祝日]
9:00~17:00(昼休みなし)

受付時間

わかば整骨院

  • 03-5633-7377

住所
〒136-0074
東京都江東区東砂4丁目23-4 第二菅原ビル1階
診療時間
[平日]
午前 9:00~12:00/午後15:00~20:00
[祝日]
9:00~17:00(昼休みなし)[休診日] 日曜日のみ

受付時間

らいおんハート整骨院ひまわり

  • 03-3640-0122

住所
〒136-0076
東京都江東区北砂4丁目18-11
診療時間
[平日]
午前 9:00~12:30/午後15:00~19:30
[祝日]
9:00~17:00(昼休みなし)[休診日] 日曜日のみ

受付時間

らいおんハート整骨院小松川

  • 090-9968-1942

住所
〒132-0034
東京都江戸川区小松川24-3-105パルプラザ内
診療時間
[平日]
午前 9:00~12:00/午後15:00~20:00
[祝日]
9:00~17:00(昼休みなし)[休診日] 日曜日のみ

受付時間

  • 交通事故治療

HOME

料金表

患者様の声

初めての方へ

よくある質問

  • スタッフブログ