• たけのこ整骨院 ネット予約はこちら
  • わかば整骨院 ネット予約はこちら
  • らいおんハート整骨院ひまわり ネット予約はこちら
  • らいおんハート整骨院小松川 ネット予約はこちら

内反小趾

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 気が付いたら小指が内側を向いている。
  • 小指の付け根が靴に当たって痛い。
  • 今まで履けていた靴が痛みで履けなくなった。
  • 歩くときに足の小指が薬指に乗っかり歩くのが不便。

内反小趾とは?|江東区のらいおんハート整骨院グループ

内反小趾は足の小指の変形の事を言います。

足の小指が内側を向き、足の小指側に炎症やタコ、ウオノメが発生します。

足指の変形というと外反母趾を思い浮かべると思います。

外反母趾は、女性に多く見られますが、内反小趾は女性だけではなく男性にも多く見られる疾患です。また「内反小趾」は外反母趾よりも多い足趾の変形です。

内反小趾は突然起きるのではなく、靴での生活や普段の生活の身体の使い方が影響します。

・内反小趾のチェック方法

内反小趾は、足の小指が内側を向いてしまう疾患です。小指の角度を見る事でチェックする事ができます。

小指の角度10度未満:正常

小指の角度10度以上20度未満:軽度

小指の角度20度以上30度未満:中度

小指の角度30度以上:重度

また足の小指が薬指に重なる場合も重度になります。

内反小趾の原因とは?|江東区のらいおんハート整骨院グループ

内反小趾の原因として、

  • ・姿勢の歪み
  • ・足のアーチの低下
  • ・足に合わない靴を履いている

などが挙げられます。

・姿勢の歪み

内反小趾の人は基本的に姿勢の歪みが起きています。

歪みの中でも特に骨盤が後傾(腰が丸くなる)している人に多いです。

骨盤の光景が起きると、骨の構造上、脚が外旋しO脚になります。

O脚になる事で、立っている時、歩いている時に足の外側に負荷が加わります。

足の外側に負荷が加わる事で足の小指は常に圧迫を受け、内反小趾になります。

・足のアーチの低下

足のアーチが低下する事は、足底の筋力(足のアーチを維持する筋肉)が低下する事を表します。その結果、足は偏平足や開張足といった変形が起きていきます。

内反小趾は、足の小指の筋肉が使えなくなる事で発生します。

偏平足は足のアーチが潰れ、内側に負荷が加わり足の小指の筋肉を使わなくなり内反小趾が発生しやすくなります。

開張足は、足の横アーチが低下する事で起きます。

横アーチが低下する事で、足の指の筋力を使う事ができなくなり内反小趾が発生しやすくなります。

・足に合わない靴を履いている

つま先が窮屈な靴やヒールを長時間履くことで、足の小指は内側へと締め付けられ内反小趾が起きやすくなります。1日窮屈な靴を履く事では内反小詩になりません。

窮屈な靴を履き、内側に締め付けられる事で、足底の筋肉が使えなくなります。結果、開張足や偏平足といった足の変形が起き、内反小趾へとつながります。

内反小趾の症状|江東区のらいおんハート整骨院グループ

内反小趾の症状は足の形状の変化と痛みの2種類に分けられます。

形状の変化として、小指が内側に曲がるといった典型的な変形があります。

小指が曲がった結果として、小指の付け根が外側に飛び出てしまい、小指が靴と何度も擦れ、炎症が生じます。(テーラーズバニオン)

また、曲がった小指の先端が薬指に食い込み、痛みを生じさせるのも内反小趾の症状です。

内反小趾の変形は、骨が曲がっているわけではなく、筋肉が硬くなる事で使えなくなり、筋肉の歪みとして変形します。

その他に、内反小趾を放置する事により、足以外の部位にも影響を及ぼします。

姿勢の歪みが出る事で立ち方、歩き方が変わり、押しや膝に痛みが出る場合があります。

【内反小趾が治らない理由とは?】らいおんハート整骨院佐久

 一般的な治療として、痛みがある場合、安静にする事や消炎鎮静剤を投与し様態をみます。

改善されない場合や変形が重度の場合は、手術を行う事があります。

内反小趾の原因は、姿勢の歪みや合わない靴を履くなどの環境面で発症します。

安静や消炎鎮静剤で痛みが引いたとしても環境が変化しないことでは症状も変わりません。

当院の内反小趾施術方法|江東区のらいおんハート整骨院グループ

1.視診・問診

まずは患者様のお悩みについて、問診で話しを聞いていきます。

患者様が来院された時から治療は始まっていて来院してからの動きなども拝見して、治療に活かしていきます。

2.的確な運動検査、一ミリにこだわる触診

患者様のお悩みの原因となる筋肉を動きから、さらに実際に触り一ミリ単位で筋肉を触り分けていきます。そこで原因を見つけていきます。

3.説明と提案

そこで得た患者様のお身体の状態を踏まえて現在の状態をご説明いたします。

お身体の状態に合わせた最善な治療をご提案していきます。

4.施術

当院独自の触るレントゲンと呼ばれている【MPF療法】を用いてお一人お一人に合った刺激量や強さで治療していき、症状の原因となる筋肉を直接アプローチしていきます。

さらに大切になってくる姿勢に対してお一人お一人のお身体をチェックしたうえで【筋膜猫背・骨盤矯正】を用いて首や背中により負担をかけてしまっている不良姿勢や身体の歪みを整えていき、根本的な症状の改善を行っていきます。

5.通院指導、治療計画

改善に向けてのお一人お一人に合った、最善の通院ペースや治療の提案を行っていきます。オンリーワンの治療の計画を患者様お一人お一人と相談して治療を進めていきます。

【当院の根本治療】 江東区のらいおんハート整骨院グループ

=MPF療法×筋膜リリース骨盤矯正×鍼灸治療

【根本改善プログラム、治療計画】

症状の治療の最終ゴールは「元に戻らない体を作る」事です。

その為に、患者様のSTEP毎に的確な治療を行い、少しづつ痛みを引き起こさない体に近づけていきます。

根本改善プログラムは「元に戻らない体を作る」為に8~16回の治療プログラムを作らせて頂いております。

具体的なアプローチは、全身の歪みを矯正する事で正しい姿勢、正しい動きを再構築していきます。

更に痛みの原因であるしこり(筋硬結)を徒手治療や鍼治療などで除去していく事で「凝りがスッキリ、症状もスッキリ」を実現させていきます。

このような治療を行っていく事で、「治療後は楽になるけど、期間が空いてしまうと戻ってしまう」などのような訴えがなくなっていきます。

上記のような辛い症状でお悩みの方はもちろん、姿勢が気になるという方も是非一度当院にご来院して頂き、お身体を診させて頂ければと思います。そのお悩み一緒に改善していきましょう!

江東区のらいおんハート整骨院グループへのお問い合わせ

たけのこ整骨院

  • 03-5628-1616

住所
〒136-0072
東京都江東区大島1丁目39-14 シンコービル1F
診療時間
[平日]
午前 9:00~12:00/午後15:00~20:00
[日曜・祝日]
9:00~17:00(昼休みなし)

受付時間

わかば整骨院

  • 03-5633-7377

住所
〒136-0074
東京都江東区東砂4丁目23-4 第二菅原ビル1階
診療時間
[平日]
午前 9:00~12:00/午後15:00~20:00
[祝日]
9:00~17:00(昼休みなし)[休診日] 日曜日のみ

受付時間

らいおんハート整骨院ひまわり

  • 03-3640-0122

住所
〒136-0076
東京都江東区北砂4丁目18-11
診療時間
[平日]
午前 9:00~12:30/午後15:00~19:30
[祝日]
9:00~17:00(昼休みなし)[休診日] 日曜日のみ

受付時間

らいおんハート整骨院小松川

  • 090-9968-1942

住所
〒132-0034
東京都江戸川区小松川24-3-105パルプラザ内
診療時間
[平日]
午後16:00~20:00
[祝日][休診日] 日曜・祝日

受付時間

  • 交通事故治療

HOME

料金表

患者様の声

よくある質問

  • スタッフブログ