• たけのこ整骨院 ネット予約はこちら
  • わかば整骨院 ネット予約はこちら
  • らいおんハート整骨院ひまわり ネット予約はこちら
  • らいおんハート整骨院小松川 ネット予約はこちら

後十字靱帯損傷

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 膝の後ろに痛みがある
  • 膝全体が腫れる
  • 膝を曲げる時や歩く時に膝に不安感を覚える
  • 運動をするたびに関節が腫れる
  • 受傷時、動けなくなるほどの激しい痛み

後十字靱帯損傷とは?|江東区のらいおんハート整骨院グループ

後十字靱帯損傷をするとすぐに激しい痛みが生じ立っていることが難しくなったり、膝の曲げ伸ばしがうまくできないといった可動域制限が見られます。

また、膝全体が腫れることもあり後十字靱帯損傷の際には膝を守っている他の組織も同時に損傷することがあり、その場合は膝の不安定感をより多く感じて例えば、足を踏み出す際はなんとなく膝に嫌な感じが走るなどの症状が出ます。

前十字靱帯を同時に損傷している場合、ガクッと膝の力が抜ける前十字靱帯損傷特有のガクッと膝の力が抜ける「膝くずれ」が生じます。

損傷直後の腫れが落ち着くと徐々に膝の緩みが著明になり軽度の後十字靱帯損傷であればそのまま症状が落ち着くことがありますが、不安定性が強く残っているまま放置をしてしまうと半月板損傷や変形性膝関節症になってしまうリスクが高くなります。

【後十字靱帯損傷の原因とは?江東区のらいおんハート整骨院グループ】

後十字靱帯は脛骨が大腿骨に対して後ろにずれないように支える膝の靱帯です。後十字靱帯の損傷は膝より下部分が後方に押し込まれるような強い力が加わったときに発生します。

また、後十字靱帯損傷を損傷する最も多い原因は、転倒の際に地面に強く膝の前面を打ち付けたり、ラグビーやバスケットボール、サッカーといったコンタクトスポーツで脛骨の前面に相手プレイヤーがぶつかってきたり、交通事故で脛骨の前面から強い衝撃が加わる(車の前のダッシュボードに打ち付けることが多い)ことが多く見受けれます。

後十字靱帯損傷をするとどんな症状があるの?|江東区のらいおんハート整骨院グループ

後十字靱帯損傷をすると大きく分けて4つの症状が見られます。

①膝関節の腫れ

受傷時は膝関節の腫れがなくても時間の経過とともに膝関節の後面を中心に熱感と腫れが出てきます。

また、運動をすると膝の緩みや不安定感が生じて、運動のたびに関節が腫れてしまいます。

②膝関節の可動域制限

膝関節が腫れてしまうと膝関節の可動域に制限が出てきてしまいます。

膝の曲げ伸ばしが困難になることが見られます。

③膝くずれ

特に歩き始めやダッシュ、ジャンプの着地で膝が抜けることもあります。

膝くずれは主に前十字靱帯損傷に特有な症状ですが、後十字靱帯損傷でも膝くずれが見られることがあります。

④膝下の落ち込み

膝を立てた時に膝下の高さが左右で異なってきます。

後十字靱帯損傷をしていると健側に比べて膝下が落ち込みます。

また、後十字靱帯を損傷した時は合併症を伴うこともあります。

半月板損傷や他の靱帯の損傷(外側側副靱帯や前十字靱帯)

後十字靱帯損傷の治療法とは?|江東区のらいおんハート整骨院グループ

損傷の程度や患者様自身の生活状況によって治療法は異なります。

保存療法が行われる多くのものが部分損傷で手術が行われないことが多いです。

また、脛骨が後方にずれないように押さえる装具やテーピング処置を施される場合もあります。

一方で手術療法になると、再建術を行います。 

再建術といって完全損傷で不安定性が残っている場合に行います。

手術をしたからといって不安定性が完全に消えるわけではありません。

また、術後はしっかりとリハビリをしてトレーニングをしていきます。

当院の治療法とは?|江東区のらいおんハート整骨院グループ

当院の治療は、膝の痛みに対して

  1. ①視診

  2. ②問診

  3. ③触診

  4. ④運動検査

から得た情報をもとに痛みやシビレを出している筋肉を特定していきます。

当院独自の治療法で筋肉に対しての『MPF療法』と骨格から改善していく『筋膜リリース骨盤矯正』を用いて患者様一人一人にあった施術プランを提案していきます。

【当院独自のMPF療法とは?】

筋肉を立体的に把握できる解剖学的知識とその筋肉を明確に触る事のできる技術があり痛みを引き起こしている筋肉に対して1mm単位で細かく触り分けていきます。

患者様からは

  • 「ほかでここまで触ってもらったことはない!」

  • 「原因筋を先生が把握してくれているから安心して治療を受けられるしゴールが明確!」

などの多くの喜びの声をいただいています。

【筋膜リリース骨盤矯正とは?】

当院独自の骨盤矯正は、筋膜リリースを用いて歪んだ筋肉を正常な位置に戻していくことで歪みを整えていきます。

骨盤周りの筋肉と筋膜を使えるようにしながら矯正を行うため、より効果を実感しやすく、続けていただくことで長期的に継続できるようになります。

骨盤の歪みをとることで膝への負担も減ってきます。

私たちの身体は無意識に痛みを抑制するようになっているため、自分では気づかないうちに損傷部位を庇う癖がつき、歪みに繋がっているケースがとても多いです。

歪みは他の症状を引き起こしたり、過去の怪我を再発される原因になるので今のうちに改善をしましょう!

また、膝の痛みを放置してしまうと将来変形性膝関節症になる危険性が非常に高くなってしまいます。

特に膝の靱帯損傷をしてしまった場合には変形性膝関節症になってしまうことが極めて高くなるので根本から改善して靱帯損傷の再発予防に努めましょう!

江東区のらいおんハート整骨院グループへのお問い合わせ

たけのこ整骨院

  • 03-5628-1616

住所
〒136-0072
東京都江東区大島1丁目39-14 シンコービル1F
診療時間
[平日]
午前 9:00~12:00/午後15:00~20:00
[日曜・祝日]
9:00~17:00(昼休みなし)

受付時間

わかば整骨院

  • 03-5633-7377

住所
〒136-0074
東京都江東区東砂4丁目23-4 第二菅原ビル1階
診療時間
[平日]
午前 9:00~12:00/午後15:00~20:00
[祝日]
9:00~17:00(昼休みなし)[休診日] 日曜日のみ

受付時間

らいおんハート整骨院ひまわり

  • 03-3640-0122

住所
〒136-0076
東京都江東区北砂4丁目18-11
診療時間
[平日]
午前 9:00~12:30/午後15:00~19:30
[祝日]
9:00~17:00(昼休みなし)[休診日] 日曜日のみ

受付時間

らいおんハート整骨院小松川

  • 090-9968-1942

住所
〒132-0034
東京都江戸川区小松川24-3-105パルプラザ内
診療時間
[平日]
午前 9:00~12:00/午後15:00~20:00
[祝日]
9:00~17:00(昼休みなし)[休診日] 日曜日のみ

受付時間

  • 交通事故治療

HOME

料金表

患者様の声

初めての方へ

よくある質問

  • スタッフブログ