• たけのこ整骨院 ネット予約はこちら
  • わかば整骨院 ネット予約はこちら
  • らいおんハート整骨院ひまわり ネット予約はこちら
  • らいおんハート整骨院小松川 ネット予約はこちら

肘部管症候群

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 薬指や小指がピリピリ、チクチクする
  • 肘を曲げると痺れが増してくる
  • 手を開いたり閉じたりするのがやりづらい
  • 指先での細かい動作がしづらい
  • 前腕に痛みを感じる時がある

肘部管症候群ってなに?|江東区のらいおんハート整骨院グループ

肘の内側には肘部管というトンネルがあります。これは靭帯や骨でできた壁からなっています。

ここには上腕から尺骨神経と呼ばれる神経が指先に向かって通っていて、主に手の薬指や小指側の指を閉じたり、開いたりするときに作用し、知覚をつかさどっている。肘部管症候群とは、この肘部管において尺骨神経が圧迫されてしまったり、引っ張られたりして障害を受けることで、細かい手の動きができなくなったり、薬指や小指に痺れが出たりする病気のことです。

よく見られる末梢神経障害(末梢神経に起こる病気の総称)の一つで、男女関係なく、すべての年代において発症する可能性がある。

肘部管症候群の原因は?|江東区のらいおんハート整骨院グループ

仕事やスポーツなどでの肘を酷使したり使う頻度が多い生活を続けてきた人はなりやすいといわれています。

例えばスポーツに関しては野球選手、特に投手に多く、ボールをたくさん投げ、球種によっては肘を捻るような投げ方をするため、肘に対する負荷がかかりやすいと言われています。また職業については、大工など肘の曲げ伸ばしをする動作が多く肘に対して負荷がかかる人によく見られる。その他にも加齢に伴う肘の変形、肘部管にある靭帯やガングリオンと呼ばれるゼリー状の物質が詰まったコブによる圧迫など、さまざまな原因によって発症する。

さらに、子どもの頃に肘を骨折または脱臼したりなどの怪我の経験がある人は、肘を伸ばしたときに外側に反る外反肘、反対に内側に反る内反肘になることがあり、肘部管症候群を発症するリスクが高くなると言われています。なお、こうした要因が見当たらない、原因不明のケースもあります。

肘を机や物にぶつけて手指がジーンと痺れたことがある人もいるかと思いますが、これがまさに尺骨神経が圧迫されたことにより生じる症状になります。

圧迫の原因には、老化によりトンネルを形成している骨が隆起してとげのようになる場合(変形性肘関節症)靱帯の肥厚(厚く硬くなる)やガングリオンなどの柔らかな腫れが原因にもなりますし、肘周りの筋肉が硬くなっていることにより、神経を圧迫して痺れの症状が出る場合があります。

肘周りの筋肉が硬くなる要因としては・・・

  • ・長時間同じ姿勢で作業をしている

  • ・猫背の姿勢になっている

  • ・重い荷物を持つことが多く、肘に過度の負担がかかっている

などが考えられます。

どのような症状がでる?|江東区のらいおんハート整骨院グループ

  • ・だんだんと小指・薬指を触った感じが鈍くなっていく

  • ・洋服のボタンがけがしづらい

  • ・箸が使いにくい

  • ・水をすくった時に指の間からこぼれてしまったりする。

日常生活での細かい作業が出来なくなってきます。

さらに運動障害が進むと小指と薬指がまっすぐに伸びなかったり、指を開いたり閉じたりといった運動が出来なくなり、握力の低下を引き起こします。

【肘部管症候群の診断方法は?】

・フローマン徴候

親指と人差し指の横の部分で紙をはさんでもらい、紙を引っぱった時、抜けないように親指の第一関節が曲がってしまいます。

これは、親指を閉じる筋肉、人差し指を開く筋肉の力が弱くなっているため、親指の第一関節を曲げることで、紙をはさむ力を補おうとして起きる現象です。

・かぎ爪徴候

手の中にある内在筋の筋力が低下するため、特に薬指・小指がピンと伸ばせなくなります。

誘発テスト

・チネル徴候

肘の内側を強くぶつけると、指先にピリッと響いた経験はないでしょうか?肘部管症候群では、軽く叩くだけで、このピリピリが出ます。

・肘屈曲テスト

肘を最大限曲げてしばらくすると、小指・薬指の痺れが出ます。

当院の治療法|江東区のらいおんハート整骨院グループ

肘部管症候群の原因などはご理解頂けたかと思います。

当院では視診・問診・運動検査・触診を行いその方の状態を把握し原因を根本的に治療していきます!

視診・・・当院ではまず視診をとても大切にしています。どのタイミングから診るかというと玄関を入ってくるところからです。そこから当院は徹底してやっており患者様の歩く姿、肩の高さ、骨盤の高さ開き具合、重心の乗り方などを細かく診ています。

問診・・・患者様の痛みを始めとするあらゆる症状やニードの把握を聞いて今のお身体の状態をしっかり把握します。生活背景、既往歴、現病歴。最終的にどこまで改善したいかなどのすり合わせも行っていきます。

運動検査・・・患者様が痛みを訴えている動作などでの可動域のチェック、身体の状態を更に把握するためにやっています。患部、患部周辺の関節の可動域を自動・他動運動で確認し、制限のかかっている動作や原因を特定していきます。

触診・・・痛みや症状が出るポイントや原因となっている筋肉を確認し、患者様のお身体がどういう状態になっているのかを指や肘などを使って確認し、施術をさせて頂いております。

当院独自のミリ単位まで触り分ける筋肉に対してのMPF療法と骨格から改善していき効果が分かりやすく実感できる筋膜リリース骨盤矯正を用いてその方のお身体を根本的に改善する治療法を行っています。身体の状態で歪みのあるところを確認し骨盤の形、左右のバランス、前後径、傾き、開閉しているかなどからどこにストレスがかかっているのか、負担の集中しているところを専門家の視点で評価していきます。

更に独自のMPF療法という手技を併用することでより身体の改善がみられやすいです。そして患者様のニードや情報を元に一人一人に合ったベストな治療法や通院ペースをご提案させて頂いております。
今回のような肘部管症候群も当院の治療法は合っていると思います。

骨盤の歪みがある方には骨盤矯正と背骨なども矯正する猫背矯正といった治療法も組み合わせることでより姿勢なども良くなり身体のバランスもとれ、中枢神経の通りも良くなり筋肉の負担なども少なくなるので肘部管症候群も改善してきやすいと思います。

最近導入されたインソールという靴の中敷きの役割を果たす物もあります。

使ったことがある方、ない方もいるかと思いますが当院で販売しているインソールは他のインソールと比べて一味違います。なにが違うかというと一般的なインソールは足の内側だけにふくらみがあり内側の足のアーチをサポートしてくれる物になっています。しかし当院で扱っているインソールは内側の他にも合計3箇所のふくらみがあります。足の裏には元々3つのアーチといわれる人間の足だけにあるお椀を伏せたような独特の土踏まずの構造があります。そこを当院で扱っているインソールは3箇所のふくらみで3つのアーチをしっかり作用させ快適な歩行を手助けする物になっています。

実際、そのインソールを履くと重心の位置が変わるので骨盤や筋肉に対しての負担が少なくなります。しかも当院で行っている根本治療は骨盤から筋肉までを治療し変化させていく治療法なのでよりインソールがあればその状態を持続出来て良い状態で日常生活などが送れるのです。

こういった物も使って治療していくことでその人の身体を根本的に治していくのです。

さらに当院ではご自宅に帰った後のストレッチや身体のケア、適切な運動などもアドバイスさせて頂いております。
今回のような症状に対しても当院の治療はとても特化しており根本治療で骨盤の歪みを整え筋肉に対してのアプローチをすることで改善されている患者様も多くいらっしゃいます。

その場の症状だけでなくその人が今後そういった症状にならないよう予防治療も行っております。

このような症状でお困りの方、早く良くしたい方は一度当院にご相談ください。

江東区のらいおんハート整骨院グループへのお問い合わせ

たけのこ整骨院

  • 03-5628-1616

住所
〒136-0072
東京都江東区大島1丁目39-14 シンコービル1F
診療時間
[平日]
午前 9:00~12:00/午後15:00~20:00
[日曜・祝日]
9:00~17:00(昼休みなし)

受付時間

わかば整骨院

  • 03-5633-7377

住所
〒136-0074
東京都江東区東砂4丁目23-4 第二菅原ビル1階
診療時間
[平日]
午前 9:00~12:00/午後15:00~20:00
[祝日]
9:00~17:00(昼休みなし)[休診日] 日曜日のみ

受付時間

らいおんハート整骨院ひまわり

  • 03-3640-0122

住所
〒136-0076
東京都江東区北砂4丁目18-11
診療時間
[平日]
午前 9:00~12:30/午後15:00~19:30
[祝日]
9:00~17:00(昼休みなし)[休診日] 日曜日のみ

受付時間

らいおんハート整骨院小松川

  • 090-9968-1942

住所
〒132-0034
東京都江戸川区小松川24-3-105パルプラザ内
診療時間
[平日]
午後16:00~20:00
[祝日][休診日] 日曜・祝日

受付時間

  • 交通事故治療

HOME

料金表

患者様の声

よくある質問

  • スタッフブログ