• たけのこ整骨院 ネット予約はこちら
  • わかば整骨院 ネット予約はこちら
  • らいおんハート整骨院ひまわり ネット予約はこちら
  • らいおんハート整骨院小松川 ネット予約はこちら

ストレートネック

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 肩こりや頭痛がひどい。
  • 首が痛くて動かせない。
  • 手が痺れて、力が上手く入らない時がある。
  • 吐き気や倦怠感で動けない。
  • 寝つきが悪い。
  • めまいや耳鳴りがひどい。

ストレートネックとは?|江東区のらいおんハート整骨院グループ

ストレートネックとは、本来人間の頭は緩やかに前に反って湾曲を持った首の骨で支えています。それが、日常的に首を前に出した姿勢をし続けることによって、文字通り真っ直ぐになってしまった状態のことです。

首は頭を支えていますが、頭は体の中でも重く、少し傾くだけで首には何倍もの負担がかかるのです。

成人の頭の重さは約4〜6kgあり、首から背中にかけての骨と、首や肩、背中の筋肉がこの重さを支えています。少しうつむくだけで、頭の重さの数倍の負荷が首にかかります。

首が前に傾くほど首にかかる負荷は増え、最も姿勢が悪いと小学校3年生の児童の平均体重に相当する負荷がかかります。

 0℃→約 5Kg

15℃→約12Kg

30℃→約18Kg

45℃→約22Kg

60℃→約27Kg

このようにうつむく角度によって首にかかる負担は大きくなります。頭の重心がそのまま首にかかり、その結果、体に様々な不調を与えることとなってしまいます。

ストレートネックの主な原因は?|江東区のらいおんハート整骨院グループ

・スマートフォン

ストレートネックは「スマホ首」と呼ばれるくらいスマホが大きく関わっています。

スマホを操作する時、机の上または胸元に手を置きスマホを持っているので顔より下にスマホがある状態になっています。その状態は自然とうつむく姿勢になってしまうので、頭部の重心は前にかかり、首には大きな負担がかかるのです。

また、上記のようにうつむく角度によって、首の骨にかかる負担の大きさが変わってくるとされています。

・パソコン

パソコンでの作業も、モニター画面を覗き込むような前かがみの姿勢になりやすく、長時間のスマホの操作と同じく、首に負担をかけるだけでなく、背骨や骨盤の歪みの原因にもなってしまいます。

・同じ姿勢での読書

長時間のスマホ操作やパソコン作業と同じで、椅子に座ってうつむいた状態のまま読書をすることにより首に大きな負担をかけ、ストレートネックになってしまうリスクが高くなります。

・高すぎる枕

高すぎる枕を使用するとストレートネックの原因になってしまいます。

睡眠時、高すぎる枕を使用すると頸椎が圧迫され、首や肩に大きな負担がかかって、周りの筋肉が緊張してしまいます。そのため朝、起きた時に首や肩の痛みが生じてしまい、結果としてストレートネックになってしまう傾向があります。

これらの原因はストレートネックになるだけでなく猫背にもなってしまいます。

【ストレートネックになるとどうなるのか!】 

首の中には脊柱管と呼ばれる頭(脳)へ血液を運ぶ血管や脊髄の通り道、体の各所へ繋がる神経が出ています。

そこに過度な負担がかかると、首を支える筋肉が緊張し固くなります。現代社会ではパソコンやスマートフォンは欠かせないものとなっています。

主な症状は、振り向けない等、首の動きの悪さ、首の痛みや重さ、頭痛、めまい、吐き気、食欲不振、そのほか自律神経の不調などです。軽い方ですと、慢性的なだるさや倦怠感、「何となくやる気が出ない。」といった症状を訴える方もいます。

 

ストレートネックにならないためには?|江東区のらいおんハート整骨院グループ

・スマートフォン

立っている時には、足は肩幅ぐらいに開き親指の付け根、小指の付け根、かかとの3点に体重が乗るように意識し、横から見たときに、耳からくるぶしが一直線に並ぶようにして立ちます。スマートフォンを持つ手は肩をすくめずに、スマートフォンを持つ手の反対の手で肘を支え、挙げられるくらいの高さで胸の前方持ってくるようにします。

座っている時は、骨盤をまっすぐ立たせて、足の裏を床につけます。膝と股関節を110度程度に開き、骨盤の上に腰椎が真っすぐに乗っていることを意識して座ります。こうすると腰への負担が軽減され、腰椎の上にある脊椎や頭もきちんと身体に乗るため、首や肩への負担も軽減し、長時間座っていても疲れを感じにくくなります。この姿勢を保ったまま、太ももの長さの半分と目線を結んだ位置よりやや先にスマホがくるように持つのがベストです。

・パソコン

パソコンはディスプレイが目線と同じかやや下になる高さで使う

パソコンを使うときも、軽く胸を張って椅子に深く腰かけ、足裏全体が床に接するように座ります。

ディスプレイは目線と同じ、もしくはやや下になる高さで、40cm以上距離をあけて使用するようにします。ノートパソコンを使用する場合は、スタンドなどを使って目線を調整するといいでしょう。

【ストレートネック改善ストレッチ】

手を身体の後ろで組み、息を吐きながら上体を後ろに反らし、組んだ手を上に持ち上げます。

そのまま2~3秒呼吸を保持します。

息を吐きながらゆっくり体勢を戻し手を解いてください。

猫背の方にはかなり負担のかかるストレッチなので、ゆっくりと無理のない程度に行ってください。

当院の治療|江東区のらいおんハート整骨院グループ

【当院のここが違う!!】

ここまでは普通の治療に対する考え方、施術法です!!

当院では根本改善を目指しているため、痛みの箇所周囲を診るだけでなく身体全体を診て治療していきます。

痛みの原因は、主に筋肉、筋膜、骨格、骨盤、運動不足が原因です。

また、痛みの発生する原因としては、

  1. ①筋肉の緊張によって引き起こされるしこり(筋硬結)
  2. ②身体の歪みによる姿勢不良によって引き起こされる特定の部位、関節への負担

が考えられています。

骨格や骨盤が歪んでしまうと身体全体が歪んでしまいます。

身体全体が歪んでしまうと関節に歪みが生じます。

この状態が長期化することで、肩こり、頭痛、寝違え、腰痛、膝痛、しびれ、腱鞘炎などの様々な症状が生じていきます。

また歪んでいるのは骨だけではありません!!

筋肉にも影響を与えます!!

筋肉は骨と骨の間についています。

よって骨に歪みを生じると筋肉も捻じれ硬くなります。

硬くなった筋肉にはしこり(筋硬結)が生じ、これが痛みの根本原因になります。

このしこり(筋硬結)を徒手や鍼で治療することでしこり(筋硬結)がとれ痛みが消失していきます。

【当院の治療に対する考え方】

なぜ、マッサージを受けても、整体院に行っても、なかなか身体の痛み、だるさ、凝り、疲労感は取れないのでしょうか?

正しく痛みのメカニズムを理解した上で、症状に合った最適な治療法を提案、施術できる院が少ないからです!!

当院には、根本改善×再発防止を実現する知識・技術・プログラムがあります!!

【治療コンセプト】

症状の「原因を1㎜まで触り分け」+「姿勢や骨盤の歪み」を取り、症状の根本治療と予防治療を通じて患者さん自身がセルフケアできるようにします。

【当院の治療法】

筋肉の治療⇒MPF療法

骨格、骨盤の歪み⇒筋膜リリース骨盤矯正

痛み(神経)⇒鍼治療(痛みに即効性、自律神経、手技で届かない筋肉にアプローチ)

【当院の根本治療】

=MPF療法×筋膜リリース骨盤矯正×鍼灸治療

【根本改善プログラム、治療計画】

症状の治療の最終ゴールは「元に戻らない体を作る」ことです。

その為に、患者様のSTEP毎に的確な治療を行い、少しづつ痛みを引き起こさない体に近づけていきます。

根本改善プログラムは「元に戻らない体を作る」ために、8~16回の治療プログラムを作らせていただいております。

具体的なアプローチは、全身の歪みを矯正することで正しい姿勢、正しい動きを再構築していきます。

ようは本来身体がもっている負担の少ない姿勢、負担の少ない正しい動きを矯正によって作っていきます。

更に痛みの原因であるしこり(筋硬結)を徒手治療や鍼治療などで除去していくことで「凝りがスッキリ、症状もスッキリ」を実現させていきます。

このような治療を行っていくことで、「治療後は楽になるけど、期間が空いてしまうと戻ってしまう」などのような訴えがなくなっていきます。

【ストレートネックの施術方法|l江東区のらいおんハート整骨院グループ】

当院のストレートネックへのアプローチ方法

1、問診・視診

まずは患者様のお悩みについて、問診で詳しくお聞かせ頂きます。

さらに、来院時や院内誘導時に患者様の動きやお身体の使い方などもよく拝見して、治療に役立てております。

2、的確な運動検査、細部にこだわる触診

問診と視診をもとに的確な徒手検査や一ミリ単位の細部までこだわる触診を行い、お悩みの原因を細かく探っていきます。

3、ご説明とご提案

まず、問診、視診、運動検査、姿勢分析、触診から得た患者様のお身体の状態を総合的に判断し、現在の状態をご説明いたします。

お身体の状態に合わせた最善な治療法をあわせてご提案致します。

お身体の状態をご説明させて頂き、患者様ご自身がよくご理解・ご納得の上で施術に入って頂くことを心がけております。

4、触るレントゲンMPF療法で細部までケア

ストレートネックの場合、局所の筋肉の硬さや骨格の歪み、拮抗筋の不調和だけが原因とは限りません。

正しくないフォームによって筋肉に負荷がかかり、循環不良を起こしたことがきっかけで痛みが出るケースもあります。

触るレントゲンと呼ばれるMPF療法の特性を最大限に生かし、患者様の症状に合わせて施術を行います。

筋肉にできた傷口に直接的に刺激を加えることによって、痛みの軽減、血のめぐりや組織修復を促し、早期改善を図ります。

さらに、フォームの改善に役立つ筋肉の柔軟性を高めるストレッチや筋肉トレーニングもあわせて取り入れ、根本的な原因の改善を目指します。

5、通院後のフォロー

改善に向けて患者様が治療をきちんと続けていけるように、患者様一人ひとりに合わせたオンリーワンな通院計画を一緒に立てさせて頂きます。

また、安心して日常生活を送れるようにライフスタイルに合わせた生活指導など、アフターフォローも喜んで致しますので、ぜひご相談ください。

1人でもお困りの方がおりましたら、不安を少しでも笑顔に出来るように最大限全力を尽くして一生懸命頑張っていきます。

もし何かご不明な点がございましたら、いつでもご相談くださいませ。 

江東区のらいおんハート整骨院グループへのお問い合わせ

たけのこ整骨院

  • 03-5628-1616

住所
〒136-0072
東京都江東区大島1丁目39-14 シンコービル1F
診療時間
[平日]
午前 9:00~12:00/午後15:00~20:00
[日曜・祝日]
9:00~17:00(昼休みなし)

受付時間

わかば整骨院

  • 03-5633-7377

住所
〒136-0074
東京都江東区東砂4丁目23-4 第二菅原ビル1階
診療時間
[平日]
午前 9:00~12:00/午後15:00~20:00
[祝日]
9:00~17:00(昼休みなし)[休診日] 日曜日のみ

受付時間

らいおんハート整骨院ひまわり

  • 03-3640-0122

住所
〒136-0076
東京都江東区北砂4丁目18-11
診療時間
[平日]
午前 9:00~12:30/午後15:00~19:30
[祝日]
9:00~17:00(昼休みなし)[休診日] 日曜日のみ

受付時間

らいおんハート整骨院小松川

  • 090-9968-1942

住所
〒132-0034
東京都江戸川区小松川24-3-105パルプラザ内
診療時間
[平日]
午後16:00~20:00
[祝日][休診日] 日曜・祝日

受付時間

  • 交通事故治療

HOME

料金表

患者様の声

よくある質問

  • スタッフブログ