• たけのこ整骨院 ネット予約はこちら
  • わかば整骨院 ネット予約はこちら
  • らいおんハート整骨院ひまわり ネット予約はこちら
  • らいおんハート整骨院小松川 ネット予約はこちら

脊柱管狭窄症

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 歩いていると足が痺れる
  • 腰を反らせると痛い
  • 少し歩くと腰の痛みで座ってしまう

上記のような症状でお困りではありませんか?

その症状はもしかすると、脊柱管狭窄症かもしれません。

脊柱管狭窄症とは?|江東区のらいおんハート整骨院グループ

背骨(脊椎)にある「脊柱管」と呼ばれる、脊髄の神経が通る管を取り囲む組織が、何らかの原因によって狭窄(狭くなる)することで起こる整形外科的な疾患をいいます。

【脊柱管狭窄症はなぜおこるのか?】

  • ・椎間板の膨隆

  • ・黄色靭帯の肥厚

  • ・骨棘の形成

  • ・脊椎のすべり

  • ・側弯

 など

多くの場合は加齢による変性によって脊柱管が狭くなることでその中を通っている神経・血管が圧迫さることで起きてきます。すべり症や椎間板ヘルニアなどに続発して起きてくる場合もあります。

脊柱管狭窄症は高齢者に多くみられます。その中でも、重労働で無理をした人や腰を痛めたことがある人は変形性腰椎症を起こしやすく、中年女性ですべり症を起こしている人は、脊柱管狭窄症になりやすいです。

また、姿勢不良が原因で起こる事もあります。

その中でも反り腰に強い方に多く症状が出ています。

反り腰とは?

言葉の通り腰が反った状態を指します。背骨のS字カーブのうち、腰椎の前弯(腰の反り)が強くなる状態です。

反り腰に限らず、腰椎は以下のように骨盤の傾きとのつながりがあります。

  • ・骨盤が前方に傾くことで腰椎の前弯が強くなる

  • ・骨盤が後方に傾くことで腰椎の前弯が弱くなる

反り腰は、腰椎だけの問題ではなく、骨盤や下肢などの影響も受けた結果として考えていく必要があります。

反り腰になる原因として|江東区のらいおんハート整骨院グループ

・筋肉バランスの低下

反り腰は、基本的に腰の反りを強くする筋肉が過剰に働くことで起こります。しかし、反対にお腹の筋肉が弱くなってしまうことでも反り腰になります。なぜなら、お腹の筋肉が弱くなってしまった結果、相対的に腰の反りが強くなってしまうからです。

つまり、腰部と腹部の筋肉のバランスが相互に崩れることで反り腰になってしまいます。

また、変形性股関節症のように股関節の安定性を高める、または股関節前面の筋肉が硬くなること、もしくは骨盤が前方に傾いて、それに伴い腰の反りが強くなることも原因として挙げられます。

・体型の変化

妊娠や急激な体重増加により、お腹が出た体型に変化していきます。お腹が大きくなると、その分だけ重くなってしまい、立っている姿勢で身体が前方に傾いてしまいます。お腹の重みを支えて前方に傾いた姿勢を正すために、腰を反らせた姿勢になり、結果的に反り腰になってしまいます。

脊柱管狭窄の症状は?|江東区のらいおんハート整骨院グループ

最も特徴的なのは、間欠性跛行です。長い距離を続けて歩けず、歩行と休憩を繰り返します。血管の循環障害によっても間欠性跛行は起きてきますので、しっかりとした鑑別診断が必要になります。

脊柱管狭窄症では腰を丸めるようにすれば比較的症状が落ち着き、足の拍動をしっかりと感じることができます。

その他、腰痛、下肢痛、下肢のしびれなども起きてきます。

なぜ、歩くと症状がでるのかそれは周辺組織が酸欠を起こしたり、周りの筋緊張が増大することで起きています。

また、脊柱管狭窄症では身体を伸ばして歩くとひどく痛みますが、自転車や押し車などを押し、少し前かがみの姿勢では楽に歩け、自転車には痛みなく乗れることが特徴です 。

一般的な治療法|江東区のらいおんハート整骨院グループ

治療には、大きく分けると保存療法と手術療法とがあります。保存療法では、腰椎-骨盤周囲筋のストレッチや筋力トレーニングあるいは姿勢の改善を行うことで、病状の改善及び進行予防を図っていきます。

また、運動した方が良いと思って無理に歩きすぎてしまうと、症状を悪化させてしまうことがあるので、痛みや痺れなどが強く出ない範囲で運動を行うことが大切になってきます。薬物療法としては主に神経の血流を改善させる薬が用いられます。手術療法では、脊柱管内での神経圧迫を軽減させるための手術を行います。椎弓切除術や開窓術などがあり、手術によって脊柱管を広げることによって神経症状の緩和を図ります。

手術については、安静時の激しい疼痛や痺れ、馬尾神経症状、進行性の筋力低下などがある場合が適応となります。また、そこまでの症状でなくとも日常生活に支障がでるようであれば手術を検討することもあります。脊柱管狭窄症は生命予後に直接関わる病気ではありませんが、病状の進行によって活動範囲が狭くなったり、痛みや痺れに悩まされたりすることで日常生活の質の低下に繋がってきます。

【当院のここが違う!!】

ここまでは普通の治療に対する考え方、施術法です!!

当院では根本改善を目指しているため、痛みの箇所周囲を診るだけでなく身体全体を診て治療していきます。

痛みの原因は、主に筋肉、筋膜、骨格、骨盤、運動不足が原因です。

また、痛みの発生する原因としては、

  1. ①筋肉の緊張によって引き起こされるしこり(筋硬結)

  2. ②身体の歪みによる姿勢不良によって引き起こされる特定の部位、関節への負担

が考えられています。

骨格や骨盤が歪んでしまうと身体全体が歪んでしまいます。

身体全体が歪んでしまうと関節に歪みが生じます。

この状態が長期化することで、肩こり、頭痛、寝違え、腰痛、膝痛、しびれ、腱鞘炎などの様々な症状が生じていきます。

また歪んでいるのは骨だけではありません!!

筋肉にも影響を与えます!!

筋肉は骨と骨の間についています。

よって骨に歪みを生じると筋肉も捻じれ硬くなります。

硬くなった筋肉にはしこり(筋硬結)が生じ、これが痛みの根本原因になります。

このしこり(筋硬結)を徒手や鍼で治療することでしこり(筋硬結)がとれ痛みが消失していきます。

【当院の治療に対する考え方】

なぜ、マッサージを受けても、整体院に行っても、なかなか身体の痛み、だるさ、凝り、疲労感は取れないのでしょうか?

正しく痛みのメカニズムを理解した上で、症状に合った最適な治療法を提案、施術できる院が少ないからです!!

当院には、根本改善×再発防止を実現する知識・技術・プログラムがあります!!

【治療コンセプト】

症状の「原因を1㎜まで触り分け」+「姿勢や骨盤の歪み」を取り、症状の根本治療と予防治療を通じて患者さん自身がセルフケアできるようにします。

【当院の治療法】

筋肉の治療⇒MPF療法

骨格、骨盤の歪み⇒筋膜リリース骨盤矯正

痛み(神経)⇒鍼治療(痛みに即効性、自律神経、手技で届かない筋肉にアプローチ)

【当院の根本治療】

=MPF療法×筋膜リリース骨盤矯正×鍼灸治療

【根本改善プログラム、治療計画】

症状の治療の最終ゴールは「元に戻らない体を作る」ことです。

その為に、患者様のSTEP毎に的確な治療を行い、少しづつ痛みを引き起こさない体に近づけていきます。

根本改善プログラムは「元に戻らない体を作る」ために、8~16回の治療プログラムを作らせていただいております。

具体的なアプローチは、全身の歪みを矯正することで正しい姿勢、正しい動きを再構築していきます。

ようは本来身体がもっている負担の少ない姿勢、負担の少ない正しい動きを矯正によって作っていきます。

更に痛みの原因であるしこり(筋硬結)を徒手治療や鍼治療などで除去していくことで「凝りがスッキリ、症状もスッキリ」を実現させていきます。

このような治療を行っていくことで、「治療後は楽になるけど、期間が空いてしまうと戻ってしまう」などのような訴えがなくなっていきます。

江東区のらいおんハート整骨院グループへのお問い合わせ

たけのこ整骨院

  • 03-5628-1616

住所
〒136-0072
東京都江東区大島1丁目39-14 シンコービル1F
診療時間
[平日]
午前 9:00~12:00/午後15:00~20:00
[日曜・祝日]
9:00~17:00(昼休みなし)

受付時間

わかば整骨院

  • 03-5633-7377

住所
〒136-0074
東京都江東区東砂4丁目23-4 第二菅原ビル1階
診療時間
[平日]
午前 9:00~12:00/午後15:00~20:00
[祝日]
9:00~17:00(昼休みなし)[休診日] 日曜日のみ

受付時間

らいおんハート整骨院ひまわり

  • 03-3640-0122

住所
〒136-0076
東京都江東区北砂4丁目18-11
診療時間
[平日]
午前 9:00~12:30/午後15:00~19:30
[祝日]
9:00~17:00(昼休みなし)[休診日] 日曜日のみ

受付時間

らいおんハート整骨院小松川

  • 090-9968-1942

住所
〒132-0034
東京都江戸川区小松川24-3-105パルプラザ内
診療時間
[平日]
午前 9:00~12:00/午後15:00~20:00
[祝日]
9:00~17:00(昼休みなし)[休診日] 日曜日のみ

受付時間

  • 交通事故治療

HOME

料金表

患者様の声

初めての方へ

よくある質問

  • スタッフブログ