• たけのこ整骨院 ネット予約はこちら
  • わかば整骨院 ネット予約はこちら
  • らいおんハート整骨院ひまわり ネット予約はこちら
  • らいおんハート整骨院小松川 ネット予約はこちら

有痛性三角骨障害

こんな症状でお悩みではありませんか

  • スポーツ中に足首の後ろに強い痛みが出る
  • つま先立ちをすると足首の後ろが痛む
  • レントゲンをとって足関節の後ろに骨が出来ていると言われた

三角骨とは?|江東区のらいおんハート整骨院グループ

足関節は距骨と呼ばれる骨と、下腿の腓骨と脛骨が靭帯でつながることで構成されており、三角骨はスポーツなどで足首に繰り返すし微小外傷が起こりることで距骨の後方に出来る過剰骨のことで、健常者の約10%に存在すると言われています。

【有痛性三角骨障害とは?江東区のらいおんハート整骨院グループ】

足関節後方インピンジメント症候群の1つで、つま先立ちなどで足の甲を伸ばした状態のときに、過剰骨である三角骨が足関節後方で脛骨と踵骨の間に挟まれて痛みが生じます。

ラシックバレエダンサーや新体操・サッカーなど足首を繰り返し底屈させる動作を行うスポーツ選手や空手などのつま先立ちになることが多い格闘技を行っている人に多くみられ三角骨が形成された後の障害であるため、10歳代半ば頃(中学生〜高校生)から出現する可能性が高くなります。

【有痛性三角骨障害の症状とは?江東区のらいおんハート整骨院グループ】

主に、つま先立ちの姿勢や足の甲を伸ばすと足首の後ろ(アキレス腱周囲)に強い痛みが出ます。

特に以下のような動作では痛みが誘発されやすくなります。

  • ・片足で踵上げ

  • ・サッカーのインステップキック

  • ・空手の蹴り動作

  • ・バレエのポアント動作

  • ・体操や新体操で、綺麗に足を伸ばそうとする動作

  • ・水泳のバタ足動作

有痛性三角骨障害は症状が初期の場合は軽い痛みや違和感で済みますが、進行するにつれて次第に動作時に毎回痛みが出たり、重症になると歩行時に痛みを伴うこともあります。

有痛性三角骨障害の原因とは?|江東区のらいおんハート整骨院グループ

まず、三角骨が出来てしまう原因として

  1. ①骨化核の癒合不全の状態に陥り過剰骨となった

  2. ②距骨後突起の外側結節が骨折を起こし偽関節となった

  3. ③足首の使いすぎ

  4. ④1回の過度な底屈(つま先立ちの動作)

などがあげられます。

通常痛みを発生させない三角骨ですが、三角骨の近くには長母趾屈筋という足の親指を曲げるためのスジが近接しており、足関節の底屈動作で三角骨との間に挟み込まれ、長母趾屈筋腱の腱鞘炎を引き起こすことが疼痛の原因と考えられています。

有痛性三角骨障害の一般的治療法とは?|江東区のらいおんハート整骨院グループ

レントゲンや、MRIなどで中の状態を調べます。その後は酷くなければ保存療法で安静にしながら、痛み止めの注射をして体の癖や、使い方の指導をしていく形となります。また底屈を制限するサポーターなどでの補強をする場合もあります。それでも改善されない場合は手術療法に変更します。

手術は、鏡視下で行われることがほとんどで、アキレス腱の両側に5mm程度の傷をつけるだけですが、三角骨の大きさによっては、小さな小切開を加える場合もあります。

その後のリハビリでは足関節の可動域拡大や周囲筋強化を目的にリハビリを行い、負担がかかった使い方などを改善していきます。

また、スポーツで大会が近い場合は、痛い動きが出ないようテーピングで固定することもあります。

当院の治療|江東区のらいおんハート整骨院グループ

有痛性三角骨障害の原因などはご理解頂けたかと思います。

当院では視診・問診・運動検査・触診を行いその方の状態を把握し原因を根本的に治療していきます!

当院では根本改善を目指しているため、痛みの箇所周囲を診るだけでなく身体全体を診て治療していきます。

痛みの原因は、

主に筋肉、筋膜、骨格、骨盤、運動不足が原因です。

また、痛みの発生する原因としては、

①筋肉の緊張によって引き起こされるしこり(筋硬結)

②身体の歪みによる姿勢不良によって引き起こされる特定の部位、関節への負担

が考えられています。

骨格や骨盤が歪んでしまうと身体全体が歪んでしまいます。

身体全体が歪んでしまうと関節に歪みが生じます。

この状態が長期化することで、肩こり、頭痛、寝違え、腰痛、膝痛、しびれ、腱鞘炎などの様々な症状が生じていきます。

また歪んでいるのは骨だけではありません!!

筋肉にも影響を与えます!!

筋肉は骨と骨の間についています。

よって骨に歪みを生じると筋肉も捻じれ硬くなります。

硬くなった筋肉にはしこり(筋硬結)が生じ、これが痛みの根本原因になります。

このしこり(筋硬結)を徒手や鍼で治療することでしこり(筋硬結)がとれ痛みが消失していきます。

【当院の治療に対する考え方】

なぜ、マッサージを受けても、整体院に行っても、なかなか身体の痛み、だるさ、凝り、疲労感は取れないのでしょうか?

正しく痛みのメカニズムを理解した上で、症状に合った最適な治療法を提案、施術できる院が少ないからです!!

当院には、根本改善×再発防止を実現する知識・技術・プログラムがあります!!

【治療コンセプト】

症状の「原因を1㎜まで触り分け」+「姿勢や骨盤の歪み」を取り、症状の根本治療と予防治療を通じて患者さん自身がセルフケアできるようにします。

【当院の治療法】

筋肉の治療⇒MPF療法

骨格、骨盤の歪み⇒筋膜リリース骨盤矯正

その他にも鍼で行う治療法もあります。

・トリガーポイント鍼治療(T(トリガー) P(ポイント)鍼治療)

有痛性三角骨障害が原因で痛みの出やすい部位から特に関連の強い筋肉、触ると痛みが頭に響くその痛みのもとになるようなポイント、トリガーポイントを見つけ出しそこへ鍼を打ちます。痛みの引き金と言われるこのトリガーポイントは繰り返す痛み、中々取れない深部の痛みだけでなく慢性的な鈍い、広範囲に出る痛みの原因にもなります。

慢性的な膝痛、痛くて動けなくなるほどの膝の痛みや日常生活で出る強い痛みや膝の可動域制限、膝関節の奥の痛みなどでもトリガーポイントが見られ治療をすることで普段から消えない、厄介な痛みを取ることができます。

痛み(神経)⇒鍼治療(痛みに即効性、自律神経、手技で届かない筋肉にアプローチ)

【当院の根本治療】

=MPF療法×筋膜リリース骨盤矯正×鍼灸治療

【根本改善プログラム、治療計画】

症状の治療の最終ゴールは「元に戻らない体を作る」ことです。

その為に、患者様のSTEP毎に的確な治療を行い、少しづつ痛みを引き起こさない体に近づけていきます。

根本改善プログラムは「元に戻らない体を作る」ために、8~16回の治療プログラムを作らせていただいております。

具体的なアプローチは、全身の歪みを矯正することで正しい姿勢、正しい動きを再構築していきます。

ようは本来身体がもっている負担の少ない姿勢、負担の少ない正しい動きを矯正によって作っていきます。

更に痛みの原因であるしこり(筋硬結)を徒手治療や鍼治療などで除去していくことで「凝りがスッキリ、症状もスッキリ」を実現させていきます。

このような治療を行っていくことで、「治療後は楽になるけど、期間が空いてしまうと戻ってしまう」などのような訴えがなくなっていきます。

また、最近導入されたインソールという靴の中敷きの役割を果たす物もあります。

使ったことがある方、ない方もいるかと思いますが当院で販売しているインソールは他のインソールと比べて一味違います。なにが違うかというと一般的なインソールは足の内側だけにふくらみがあり内側の足のアーチをサポートしてくれる物になっています。しかし当院で扱っているインソールは内側の他にも合計3箇所のふくらみがあります。足の裏には元々3つのアーチといわれる人間の足だけにあるお椀を伏せたような独特の土踏まずの構造があります。そこを当院で扱っているインソールは3箇所のふくらみで3つのアーチをしっかり作用させ快適な歩行を手助けする物になっています。

実際、そのインソールを履くと重心の位置が変わるので骨盤や筋肉に対しての負担が少なくなります。しかも当院で行っている根本治療は骨盤から筋肉までを治療し変化させていく治療法なのでよりインソールがあればその状態を持続出来て良い状態で日常生活などが送れるのです。

こういった物も使って治療していくことでその人の身体を根本的に治していくのです。

【当院での有痛性三角骨障害への治療法とは?らいおんハート整骨院グループ】

『1.問診、視診』

まず、患者様のお悩みや患者様の日常生活についてお聞きしながら来院時や院内誘導時に患者様の動きや身体の使い方などもよく拝見して、治療に役立てていきます。

『2.運動検査、触診』

足関節の痛みは、有痛性三角骨障害以外に、アキレス腱炎などの可能性があるため、運動検査や触診を用いてその症状にあった治療法を見つけていきます。

『3.ご説明と提案』

まず、問診、視診、運動検査、姿勢分析、触診から得た患者様のお身体の状態を総合的に判断し、現在の状態をご説明いたします。

お身体の状態に合わせた最善な治療法をあわせてご提案いたします。

納得いただけるまで丁寧にご説明し、患者様ご自身がよくご理解・ご納得の上で施術に入っていただくことを心がけております。

『4.MPF療法を用いた有痛性三角骨障害の治療』

当院では当院独自の触るレントゲンとも呼ばれている『MPF療法』を用いて治療していきます。

『MPF療法』を用いることで血の巡りを良くし、循環の滞っている場所を改善することで足に血液で栄養を送り出せる状態にします。

そうすることで保存療法で安静にしている時でもいち早く回復する状態を維持できるようになります。

またこの三角骨の横には長母指屈筋腱と言う親指を曲げる筋肉が走っており、挟み込みによりこの筋肉に傷(筋肉硬結)が出来、痛みを発生させる場合があります。

『MPF療法』は筋肉にできた傷(筋硬結)を1mm単位で触り分けることが出来るため、痛みを取り除くだけでなく再発防止も含めた根本改善することが出来ます。

さらに有痛性三角骨障害が原因で起こる身体の歪みを当店独自の『骨を鳴らさない骨盤矯正』で強制することで他の部位での症状発生も防ぐことが出来ます。

三角骨障害はスポーツをされている方に多い症状です。スポーツが出来なくなるのはとてもストレスになりますし、無理して頑張っているとその後の選手生命にも影響すると思われます。何もしないで待つより治療をして体を改善する方が何倍もその後のパフォーマンスの良さに影響するでしょう。

江東区のらいおんハート整骨院グループへのお問い合わせ

たけのこ整骨院

  • 03-5628-1616

住所
〒136-0072
東京都江東区大島1丁目39-14 シンコービル1F
診療時間
[平日]
午前 9:00~12:00/午後15:00~20:00
[日曜・祝日]
9:00~17:00(昼休みなし)

受付時間

わかば整骨院

  • 03-5633-7377

住所
〒136-0074
東京都江東区東砂4丁目23-4 第二菅原ビル1階
診療時間
[平日]
午前 9:00~12:00/午後15:00~20:00
[祝日]
9:00~17:00(昼休みなし)[休診日] 日曜日のみ

受付時間

らいおんハート整骨院ひまわり

  • 03-3640-0122

住所
〒136-0076
東京都江東区北砂4丁目18-11
診療時間
[平日]
午前 9:00~12:30/午後15:00~19:30
[祝日]
9:00~17:00(昼休みなし)[休診日] 日曜日のみ

受付時間

らいおんハート整骨院小松川

  • 090-9968-1942

住所
〒132-0034
東京都江戸川区小松川24-3-105パルプラザ内
診療時間
[平日]
午後16:00~20:00
[祝日][休診日] 日曜・祝日

受付時間

  • 交通事故治療

HOME

料金表

患者様の声

よくある質問

  • スタッフブログ